甘さは控えめに

e0207545_15593212.jpg

義父の庭で獲れたブルーベリーをジャムにしました。

昨年もジャムにしたのですが、甘すぎたので、今年は砂糖を抑え目に
少々、酸っぱさが残るジャムにしました。

ワッフルを作る機械を買ったので、自家製ワッフルと共にブルーべりを美味しく
食べています。

砂糖をあまり入れていないジャムは日持ちがしないので、今日一日で作ったジャムの
殆どを食べてしまいました。

日持ちがしない、ヘルシーなジャムだからと、口実を付けて食べてしまっているのですけどね。



ついでに映画の事。。。

「コクリコ坂から」を結構前に観ました。
東京オリンピックを翌年に控えた1963年の横浜が舞台の青春映画

物凄く簡潔ですが「青春」を気分良く表している映画だと思いました。
学生が学生らしく、思想や人生について語り、青春を謳歌している雰囲気が
伝わって来ました。
オットは、この世代に共感する部分が多く、エンディングに主題歌の
「さよならの夏」が流れた時は堪えていた涙が止まらなくなってしまい
場内が明るくなった時、恥ずかしそうにしていました。

私は泣きはしませんでしたが、丁寧に作られた素直な良い映画だったと
思いました、DVDが出たらぜひ購入したいです。


少し前にNHKで宮崎駿と今回監督をした息子の宮崎吾朗との
映画製作についての葛藤についてが放送されていました。

ナルホドな~って思いました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2011-08-21 16:01 | 家で食べたもの | Comments(0)