王様のケーキ

e0207545_21242623.jpg

今年も「ガレット・デ・ロワ」を食べました。

お正月に実家へ、このガレット・デ・ロワを持っていき、皆で食べたのでした。
フェーブは兄のお嫁さんが当てました。

お嫁さん、フェーブが当たった事を凄ーく喜んでいるので
「フェーブ、集めているから私にちょうだい」とはとても言えない空気でした。

今年はフェーブ別に良いかなぁーとは思ったのですが、なんだか諦めきれず
自分用に「ガレット・デ・ロワ」を買ってきてしまいました。

オットと分けて食べたのですが、フェーブが当たったのはオットでした。

クジ運無いな自分。。。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

今年のフェーブは?
[PR]
# by yutanatsumikan | 2011-01-12 21:48 | 歳時記 | Comments(0)

キリっと寒い!

年末年始から、寒い日が続いていますね。

10日は成人の日でしたが、晴れ着の新成人をチラホラ見掛けました。


二十歳で成人という定義は、戦前の徴兵の年齢に添って出来たそうです。

奈良時代以降から始まった「元服」は十五歳が成人と示す儀式でした。

元服を少し過ぎた十七歳くらいの男子は、一人前の男性となりましたので前髪を剃り上げ
時代劇などでお馴染の「髷」を結います。

このくらいの時代で二十歳なんてなったら、ものすごくオトナだったのでしょうね。


今年の成人の日も各地で「荒れる成人式」がニュースで話題となっていました。
「成人式=荒れる」が関連付いてしまうのは残念で、情けない事ですね。
荒ぶる彼等は、荒れた事が一生の思い出にでもなるのでしょうか?


数年前、成人の日にサントリーの新聞広告がよく掲載されていました。
筆者は山口瞳氏。
元サントリーの社員であり直木賞作家です。

新成人を叱咤激励し、人生の先輩らしく温かな文章でした。
「酒の嗜み」なんかも書かれていたように記憶しています。


自分の成人の日をちょっぴり思い出してしまいました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
# by yutanatsumikan | 2011-01-10 20:14 | 歳時記 | Comments(0)

七草

1月7日は「七草」でした。

最近は「七草」をパックに詰めて、スーパーで販売しているので
野草を摘む事が出来ない場所に住む人々にとっては、季節感をスーパー等で
感じます。

それなので、当日買えば良いかな?と思って、仕事帰りにデパ地下へ行き
「七草」を探したら全然見つからず、店員さんに聞いたところ「あいにく完売しました」

かなりショックを受けて別のスーパーへ行き、探しましたがありません。
嫌な予感がしつつ店員さんに聞いたら「全部売れちゃいまして・・・」

あらーこんな事ってあるんですねぇ~

「七草」を忘れていない日本人。こりゃ捨てたもんじゃないぞ!
と頼もしく思いながらも、困りましたよ、我が家の「七草」無いじゃないですか。

八百屋さんに聞いたら「そういうのうちじゃ売らないよぉ。大根とカブならあるけど」と
のたまう八百屋のオヤジさん。


大根とカブだけでは、あと五つの草が足りないではないですかー。

困っていたら隣でホウレン草を買っていたご婦人に「●●スーパーにありましたよ」と
ご親切に教えて頂けて、ようやく我が家の「七草」を手に入れました。

小さい大根とカブと草達が入った七草パック。
これが480円ですものね。。。

栃木の親戚に言ったら卒倒されそう。。。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

これがパックの七草です
[PR]
# by yutanatsumikan | 2011-01-08 15:16 | 歳時記 | Comments(2)