<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

24日から26日まで

e0207545_1746493.jpg


4月24日から26日まで入院・手術しました。
備忘録として、記述する。

●4月24日日曜日
11時頃入院手続き後、看護師に案内され病室へ。
入院期間は3日間、手術前検査に行った際に入院の説明も受け、個室を希望しておいた。
急患等により希望の病室にならない事もあるようだが、前日に電話で個室の病室になったと連絡を貰う。
ベッド以外は小さな洗面台とロッカー、テレビといった狭い病室だが、意外と落ち着く。
手術の翌日には退院といった短い期間ではあるが、個室が良い。

特に用事は無いので、夫には帰宅してもらう。
病衣に着替え、荷物の整理。
そうこうすると12時、昼食を持って来てもらう。手術前でも、食事に制限は無く普通の食事。
味は薄味だが、日常自分で作る料理も薄味を心掛けているので、違和感無く食べられた。

暫くすると看護師が来て、この3日間の流れが詳細に書かれた「しおり」を読みながら
オリエンテーション。

夕方、お風呂に入る。家庭用のお風呂といった感じで快適。
入浴後、自販機でジュースを買う。ここまでは翌日手術を控えている実感が無い。

18時夕食、質素な食事だが、味は良い。美味しく頂けた。
消灯までテレビを見たり、タブレットで本を読んだり、ビジネスホテルに宿泊している気分になる。

消灯21時以降は手術前なので、飲食禁止。
眠れない気がするので、眠剤を出して貰う。

●4月25日月曜日
午前6時起床、体温と血圧測定。入院してから何度も計られる。
午前7時頃、主治医が部屋に来てくれて説明を受ける。
午前8時に術衣に着替え、点滴が始まる。
8時半頃、夫が部屋に来る。緊張していたので、夫の顔に安堵する。
こういう時、家族は心強い。

そろそろ手術室へ行きましょうと、看護師さんに呼ばれ
同じ階にある手術室へ歩いて行く。
執刀医である主治医が早歩きで追い抜いて行く、爽やかな笑顔で「頑張りましょうね!」
手術室前に行くと、名前を確認していよいよ中へ。

中に入ると、手術専門の看護師さんに引き継ぎ、また生年月日・名前・性別を確認し、
手術する部分を確認。
眼鏡を預けて、手術台に登る。
心電図やら色々身体に貼られて、麻酔が始まる。
意識が段々遠く・・・

1時間のオペだが全身麻酔なので、
麻酔が覚める時間を含めると1時間半くらい。
「●●さーん手術終わりましたよー」と声を掛けられ「ああ私は手術していたんだ」と気付く。

病室は個室なので、夫は病室で待機。
オペ終了後、夫が医師に呼ばれ今回の手術の状況や結果を聞く。
麻酔が覚めたので、病室に戻り自分のベッドに寝かせられる。
夫に手術の結果を聞き、安堵する。
20分くらい部屋に居たが、私の両親や義父に報告したいからと
帰宅する。

術後、4時間のベット安静の後、起き上がり水やお茶を飲む。
この日は絶食。
呼吸器等が喉くらいまで入っていたので、喉が酷く痛む。

37.2分くらいの微熱があり、麻酔のせいか頭がボーっとしていたが
創部の痛みはそれ程感じず、歩き回る分には問題無かった。
ウロウロと立居歩くので、看護師さんにちょっと驚かれた。
夕方と、消灯前に主治医が創部の様子を確認に来る。
直ぐに起き上がれているので、安心した様だ。

手術直後なので、夜は良く眠れたと思うが、
寝返ると創部が痛むので、ちょくちょく眼が覚めた。


●4月26日火曜日
午前5時過ぎ、目が覚める。
二度寝すると起きられなくなりそうなので、このまま起きてテレビを見る。
テレビは、朝・夕方・夜のニュースしか基本は見なかったが、術後に昼下がりのワイドショー
(「●●おび」「●●屋」とか・・・)を見たら、必要な情報は皆無だなと改めて感じた。
テレビで見るのはニュース(NHK)か、やっぱり新聞が良い。
最近は電子書籍しか本は読んでいないが、垂れ流しで得る情報や知識より、
自分で探して得る情報の方が尊いと感じる。
どんなに文明が進んでも、書籍や新聞は永遠であると思う。

話しが逸れたが・・・そんな事を考える余裕が出て来た証拠だ。

午前7時頃、主治医が来て、創部の確認と防水テープを貼りに来た。
帰宅したら入浴しても良いそうだ。
1週間後、創部の診察があるので外来の予約をする。
看護師が来て、検温・血圧測定。
最後の、抗生物質の点滴。

午前8時頃、朝食が運ばれる。
ごはん・味噌汁・納豆・海苔・お浸しの朝食。1日絶食だったのでとっても美味しい。

食後点滴が終わり、ルート確保の点滴針も外され、洗面・歯磨き・着替えをする。
荷物の整理も終わり、コーヒーを飲んで寛ぐ。
またビジネスホテルに宿泊気分に戻る。

午前9時半頃、夫が迎えに来る。

午前10時過ぎに、看護師が退院手続き用紙を持って来る。
看護師さん等に挨拶をし、1階の退院手続き窓口へ行く。
退院手続きと、生命保険の証明書手続きを済ませ、帰宅。

特に変わらない自宅と、眠そうな猫みかんが居た。



夫は、1人で家に居ると、食べ過ぎてしまうそうで、これまで1キロ肥えたそうだ。
こちらは絶食で、ひもじい思いをしていたと言うのに。。。
まあ、夫まで元気を無くされては困るので、食欲旺盛なのは笑い話しである。

猫のみかんは、夜になっても私が帰って来ないので「おかしいね~」といった感じで
夫の顔を見つめるのだそうだ。
そうすると「かあちゃんは病院・病院!帰って来るよ!」と言い聞かせると「フンッ」と言って
またじーっと夫の顔を見つめる。


家族が病気で心細い時に、猫みかんが色々元気付けてくれたそうだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2016-04-28 09:47 | 散文

近所の桜2

e0207545_1993582.jpg

先週に引き続き、近所の河沿いの桜を観に行って来ました。

桜は青空に映えます。

e0207545_19113988.jpg


e0207545_19124442.jpg


e0207545_19131150.jpg


e0207545_19133784.jpg


咲き始めの新鮮な桜も良いですが、満開のポンポンに花が付いた桜はやっぱり綺麗です。

土曜日は風が強かったので、花びらが散る所も見られて、桜を満喫した春です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2016-04-10 19:16 | 草木花 | Comments(0)

病院へ

桜が綺麗ですね~
今日は気温が上がりましたので、お花見日和ですね。


e0207545_11543451.jpg


今日は、みーちゃんの腎臓と結石の検査に行って来ました。

腎臓の数値は 「BUN22」「クレアチン1.7」と正常範囲を維持しています。
前回より数値が良くなっているので良かったです。
今後、病院に腎臓不全の詳細な検査が出来る機器が導入予定だそうなので、
みーちゃんの腎臓の状態が詳しく判る様になりそうです。

結石の方はまだあるので、抗生物質は止めて、利尿剤が出されました。

2月に検査した時は、石が半分くらいまでになっていて、このままだったら無くなるかもしれないと
言われていたので、ちょっとがっかり・・・。

体重は3.6㎏で、太りました。食欲あるもんね。

みーちゃんが寝てるベッド、箱型で中に入れる作りになっていて気に入っています。

もともと関節が丈夫では無く、上下運動が苦手なみーちゃん。
10歳になって、タワーに登るのが怖々って感じになって来たので(落ちた事もあり)
撤去して、この箱型のベッドを買いました。

これ、生協のカタログに載っていた物で、凄く安価でした。
実店舗やネットであれこれ探していましたが、灯台下暗し。生協ありがたや。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2016-04-06 12:02 | みかん/病院 | Comments(0)

近所の桜

e0207545_11453520.jpg


徒歩15分くらいの河沿いに桜並木があるので、お花見に行って来ました。

かなりの距離のある桜並木なのですが、知る人ぞ知る桜の名所です。

e0207545_11494180.jpg


都内は満開ですが、こちらは5~6分咲きって所でしょうか。

e0207545_1150524.jpg


木曜日に仕事で原宿に行って、帰りに東郷神社内を通ったのですが
敷地の池のほとりにある桜は満開で、散り始めていました。
風が吹くとハラハラと花びらが舞い散る姿は美しいですね。

e0207545_11501838.jpg


咲き始めの新鮮な花は、これから本格的な春が始まるんだよーって力強く言っているようで
元気を貰えます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2016-04-03 11:58 | 草木花 | Comments(0)