毛越寺を後にして次は
e0207545_2022126.jpg

「達谷窟毘沙門堂」

征夷大将軍・坂上田村麻呂が征夷の記念に毘沙門天を祀った岩窟です。
太い柱組の上に 建立された朱塗りの毘沙門堂は、背後にそびえる巨大な岩に
めり込む様に建てられています。
こういう建築を「懸崖造り」と言うそうです。

e0207545_20222526.jpg

「達谷窟の岩面大佛」


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2015-09-22 20:52 | 旅行 | Comments(0)

次に行ったのは「毛越寺」
e0207545_091098.jpg


e0207545_2353542.jpg

「浄土庭園」

e0207545_0113423.jpg

「遣水」
この曲がりくねる水路が何ともいい感じだったので撮影しましたが、
私の撮影技術では、良さが表現しきれないので、以下HPより抜粋。


e0207545_0142922.jpg

画像・文は「毛越寺」HPより
池の東北側にある遣水は、池に水を引き入れるためと造られたものです。「作庭記」に記述されている四神相応・吉相の順流であり、曲がりくねる水路の流れに、水切り、水越し、水分けなどの石組が配されています。毛越寺の遣水は平安時代の唯一の遺構で、全国的にも極めて珍しいものです。この遣水を舞台に毎年新緑の頃に「 曲水(ごくすい)の宴」が開催され、周囲の樹木とあいまって平安の雅な情景が作り出されます。

日本最古の庭園書「作庭記」流 の意匠が各所に見られる浄土庭園。
広大な池泉を眺めて、ゆっくり歩くと気分がスッとします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2015-09-22 00:27 | 旅行 | Comments(0)

9月7・8・9の2泊3日で岩手・秋田へ遅い夏休みの旅行に行きました。

東京駅7:16発 一ノ関9:30着
一ノ関に着いて、すぐにレンタカーを手配して、出発です。

最初に向かうは「中尊寺」
e0207545_1335558.jpg


e0207545_133819.jpg

続いて「金色堂」

e0207545_1339639.jpg

「金色堂」は撮影禁止なので、HPより画像をお借りしました。
HPはこちらにリンク

e0207545_1343545.jpg

境内には「奥の細道」「松尾芭蕉」像

夏草や 兵どもが 夢の跡

五月雨の 降残してや 光堂

を詠みました


e0207545_13493648.jpg

e0207545_13494527.jpg

続いて
「弁慶堂」
義経公と弁慶の木像を安置しています。

e0207545_13542621.jpg

中尊寺はこれでおしまい


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2015-09-13 11:45 | 旅行 | Comments(0)

このネズミで遊ぼう

e0207545_1124498.jpg


キャットニップ付のネズミさん。
これを投げてもらって遊ぶのが好きな、みかんさん。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2015-09-06 11:28 | みかん | Comments(0)