カテゴリ:旅行( 38 )

鬼怒川温泉

寒波襲来の土日に、鬼怒川温泉へ行って来ました。

e0207545_18552573.jpg

今回宿泊したお宿は「あさやホテル」
ゴールドの館内は眩い。
いつも鄙びた温泉が多いので、
こういう巨大ホテルはテンションが上がる!
e0207545_19015901.jpg


e0207545_19065250.jpg

e0207545_19083527.jpg
お部屋は最上階の洋室にしました。
玄関脇に着替え部屋が付いていました。

同じタイプで露天風呂付もありましたが
大浴場が好きなので、このタイプのお部屋。
マッサージチェアが付いていて、快適でした。



e0207545_18522515.jpg
河沿いの部屋から見える景色は銀世界。
雪に覆われてて綺麗ですが、雪が無いと廃墟となったホテルが見えます。
この廃墟ホテル群、鬼怒川温泉の悩みの種みたいです。

e0207545_17425220.jpg
HPより

バイキングの宿大賞に選ばれたという
このホテルの自慢のブッフェ
このホテルを選んだブッフェ好きの夫は大喜び。

e0207545_17463887.jpg
海鮮やお肉が豊富で、美味しかったです。

こんなに雪が降るとは思っていなかったので
鬼怒川観光はそこそこにして、殆どホテルで過ごしました。
温泉が一番のご馳走ですね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2017-01-18 17:52 | 旅行 | Comments(0)

伊豆の旅5

e0207545_19182875.jpg
修善寺のお宿は、明治時代創業の「新井旅館」



昨年の1月に宿泊した、長野県別所温泉の旅館「花屋」も
こんな廊下が巡らされた旅館でした。

e0207545_18482253.jpg
こちらは別所温泉「花屋」似てますね。
こちらは大正時代創業





そして、新井旅館での朝ごはん。
お部屋でゆっくり頂きます。
e0207545_10514943.jpg



朝ごはんを食べた後、修善寺の街を散策しました。

e0207545_10541890.jpg
弘法大師が開いた「独鈷の湯」
修善寺のシンボルです。



e0207545_11034213.jpg
地名の由来となった「修善寺」


e0207545_11070550.jpg
修善寺散策の定番「竹林の小径と朱色の橋」


e0207545_11151635.jpg
散策して少々疲れたので、宿に戻りラウンジで休んでから
帰りました。

修善寺温泉、ゆっくりとした時間が流れていて
温泉三昧で、癒されました。










にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2016-10-16 11:20 | 旅行 | Comments(0)

伊豆の旅4


e0207545_18533803.jpg

e0207545_18543235.jpg

バスに一時間程乗り、
修善寺にある「新井旅館」に到着です。
明治5年創業の老舗旅館で
建物の殆どが登録有形文化財になっているそうです。


e0207545_19012515.jpg


今回のお部屋は「あやめの棟」
桂川に面した数寄屋造りの棟で、昭和初期に建てられました。
床の間がある10畳の本間以外に、3畳くらいの次の間がありました。




e0207545_19013996.jpg
伊藤左千夫が宿泊したのでしょうかね。
こんな額が飾られていました。





e0207545_21223837.jpg
お部屋での夕食です。
食事に気を取られ、写真を撮るのを忘れました。
この他にも、御造りや煮物等もありました。

今回のお料理のメインは「金目鯛の煮付け」
身がホクホクで、しっとりしていて美味しかった~







にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2016-09-20 19:14 | 旅行 | Comments(0)

伊豆の旅3

e0207545_17383674.jpg

食後は、港の方へ行き「ペリー上陸記念碑」を見て
ペリーゆかりの「ペリーロード」へ向かいました。


e0207545_17434109.jpg
下田港から、ペリー一行が歩いたこの道。
川沿いに石畳が整備されて、情緒のある道です。


e0207545_17470925.jpg
少し早いですが、今夜のお宿がある修善寺へ向かいます。
下田から修善寺までバスで行くのですが、一時間程かかります。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2016-09-17 17:50 | 旅行 | Comments(0)

伊豆の旅2

東京駅から伊豆急下田駅まで
2時間40分くらいかかりますが、のんびり旅行には良い感じです。
台風が発生していたので、旅行が出来るか心配でしたが
こんな晴れた綺麗な海が、車窓から見られました。

e0207545_16281162.jpg


e0207545_16253899.jpg
昼頃到着したので、下田名物「金目鯛」をお昼に頂く事にしました。

e0207545_16255194.jpg
「金目三色丼」 新鮮で美味しかったです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2016-09-14 16:40 | 旅行 | Comments(0)

伊豆の旅

e0207545_10275241.jpg

9/5~6の一泊二日で、伊豆へ旅行に行きました。

伊豆の旅と言えば「踊り子号」というイメージがあり
一度乗ってみたかった列車です。

国鉄では最後に製造した特急列車
全体的にレトロな雰囲気があります。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2016-09-08 14:37 | 旅行 | Comments(0)

「達谷窟毘沙門堂」を後にして、次に行ったのは


e0207545_15302947.jpg

「厳美渓」です。

全国的に大雨が降っていた頃なので、水嵩が多くて、画像奥の上流は荒々しい水しぶきが
上がっていました。


ここでのお目当ては
e0207545_15402622.jpg

郭公屋の「郭公だんご」
店は渓流をはさんだ対岸にあり、そこに張られたロープに下がる籠に代金を入れて木槌を鳴らすと、
籠は引き上げられて代わりに注文しただんごと、お茶が入って降りて来ます。

e0207545_15472280.jpg


e0207545_1548316.jpg

さあ、腰掛けておだんご食べましょう~と思ったら
可愛い子がこちら(というより"おだんご")を見ていますよ。

e0207545_15503891.jpg

可愛い笑顔に、メロメロですよ。

More
[PR]
by yutanatsumikan | 2015-10-07 15:52 | 旅行 | Comments(0)

毛越寺を後にして次は
e0207545_2022126.jpg

「達谷窟毘沙門堂」

征夷大将軍・坂上田村麻呂が征夷の記念に毘沙門天を祀った岩窟です。
太い柱組の上に 建立された朱塗りの毘沙門堂は、背後にそびえる巨大な岩に
めり込む様に建てられています。
こういう建築を「懸崖造り」と言うそうです。

e0207545_20222526.jpg

「達谷窟の岩面大佛」


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2015-09-22 20:52 | 旅行 | Comments(0)

次に行ったのは「毛越寺」
e0207545_091098.jpg


e0207545_2353542.jpg

「浄土庭園」

e0207545_0113423.jpg

「遣水」
この曲がりくねる水路が何ともいい感じだったので撮影しましたが、
私の撮影技術では、良さが表現しきれないので、以下HPより抜粋。


e0207545_0142922.jpg

画像・文は「毛越寺」HPより
池の東北側にある遣水は、池に水を引き入れるためと造られたものです。「作庭記」に記述されている四神相応・吉相の順流であり、曲がりくねる水路の流れに、水切り、水越し、水分けなどの石組が配されています。毛越寺の遣水は平安時代の唯一の遺構で、全国的にも極めて珍しいものです。この遣水を舞台に毎年新緑の頃に「 曲水(ごくすい)の宴」が開催され、周囲の樹木とあいまって平安の雅な情景が作り出されます。

日本最古の庭園書「作庭記」流 の意匠が各所に見られる浄土庭園。
広大な池泉を眺めて、ゆっくり歩くと気分がスッとします。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2015-09-22 00:27 | 旅行 | Comments(0)

9月7・8・9の2泊3日で岩手・秋田へ遅い夏休みの旅行に行きました。

東京駅7:16発 一ノ関9:30着
一ノ関に着いて、すぐにレンタカーを手配して、出発です。

最初に向かうは「中尊寺」
e0207545_1335558.jpg


e0207545_133819.jpg

続いて「金色堂」

e0207545_1339639.jpg

「金色堂」は撮影禁止なので、HPより画像をお借りしました。
HPはこちらにリンク

e0207545_1343545.jpg

境内には「奥の細道」「松尾芭蕉」像

夏草や 兵どもが 夢の跡

五月雨の 降残してや 光堂

を詠みました


e0207545_13493648.jpg

e0207545_13494527.jpg

続いて
「弁慶堂」
義経公と弁慶の木像を安置しています。

e0207545_13542621.jpg

中尊寺はこれでおしまい


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by yutanatsumikan | 2015-09-13 11:45 | 旅行 | Comments(0)